バルサ2大補強をスペイン紙評価 “ギャンブル補強”に賛辞「価値を証明している」

加入まで二転三転したグリーズマン、ここまで公式戦10試合で4得点3アシストの活躍

 そして、もう1人の目玉補強がアトレチコ・マドリードから引き抜いたグリーズマンだ。加入決定までに二転三転あったが、蓋を開けてみればここまで公式戦10試合で4得点3アシストをマークするなど、3トップの一角として十分な働きを見せている。記事では「グリーズマンはついに期待された通りの数字を提供している」とデ・ヨング同様に高評価となっている。

 また、この2人の補強について「彼らはその価値を証明している」「2人のビッグ・ガイは金額に見合った価値を出している」と総評されてる。

 大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが負傷で出遅れ、開幕戦で黒星を喫するなどスロースタートだったバルセロナだが、第9節を終えた時点で首位に浮上。新加入ながらキーマンとなっているデ・ヨングとグリーズマンの活躍を無視することはできないだろう。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング