アーセナルDFが“理不尽な扱い”を告白 「出ていない試合でも僕を批判する人が…」

アーセナルで批判の対象となってしまったDFシュコドラン・ムスタフィ【写真:Getty Images】
アーセナルで批判の対象となってしまったDFシュコドラン・ムスタフィ【写真:Getty Images】

ドイツ代表DFムスタフィが苦悩を吐露 2018年末の1試合で状況が“悪化”

 アーセナルのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィが、エスカレートするファンからのバッシングに悩んでいるとドイツ誌「デア・シュピーゲル」のインタビューで明かした。プレーしていない試合でも非難の対象になるなど、理不尽な扱いを受けていたという。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ムスタフィは2016年にバレンシアからアーセナルへ移籍。2014年のブラジル・ワールドカップ優勝メンバーの1人で、すぐに定位置を確保した。特に加入からの2年間は順風満帆だったが、ある試合をきっかけに状況は大きく変わることになったという。

「2016年にアーセナルに加入して、そこからの2年間は物事が上手く進んでいた。僕も自分自身をいいパフォーマーだと思っていたよ。でも、2018年のクリスマスの直後に怪我をしてしまった。さらにいくつかのミスを犯したことで、これまでに経験したことのないような混乱を引き起こしてしまったんだ」

 18年12月29日、アーセナルはプレミアリーグ第20節でリバプールと対戦。ムスタフィも先発出場していたこの試合で、アーセナルは前半のうちに4失点を喫するなど、1-5と大敗した。ムスタフィは負傷により、前半のみの出場で途中交代していた。

「僕は怪我で3週間離脱していて、まだチーム練習に復帰していなかった。それでも監督に必要とされて試合に出た。ハーフタイムで1-4になり、僕はまだいいプレーができていなかったし、再び怪我をしてしまったんだ」

 さらに、ファンやメディアからの批判はエスカレートする一方だったという。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】