浦和を奮起させた“決戦ムード” サポーターの“レッズ魂”に監督感謝「一緒に戦ってくれた」

選手を鼓舞する浦和サポーター【写真:Getty Images】
選手を鼓舞する浦和サポーター【写真:Getty Images】

「あれが浦和レッズの魂の素晴らしいところ。感動しました」

 久しぶりのリーグ戦でのホーム勝利だったが、大槻監督は「勝ち点がないところに関しては、焦れる思いはありました。今日、勝ち点3を取って嬉しいですけど、選手とともに感情を爆発させたというよりは、また次に向かってがんばりたいな、というところ」と話した。それでも「サポーターのみなさんの後押し、試合前から本当に、まさに一緒に戦ってくれたというところに感謝しています」と話し、記者会見の最後に感謝の言葉を並べた。

「本当に今日、試合前にバスが乗り込んだところから、サポーターのみなさんが素晴らしいものを見せてくれて、本当に感謝しています。あれが浦和レッズの魂の素晴らしいところ、我々が一番、Jリーグが始まって積み上げてきたのが、あの今日のようなものなのだと本当に思いました。感動しました。本当にありがとうございました」

 この後には国際Aマッチウィークでの中断期間を迎える。それに向けて大槻監督は「新たに取り組むことはいくつかはあるかもしれませんが、やってきたことの精度を上げるとか、練度を上げるみたいなところ。ちょっとしたところで逃している部分があると思っているので、そういったところを再確認したい」と話していた。

 ACL準決勝第1戦の広州恒大(中国)戦に2-0で勝利して中3日の清水戦でも勝利したことで、公式戦では2連勝になった。浦和としてはACL優勝とJ1残留が目標というアンバランスなシーズン終盤戦を迎えるが、復活を印象付けて一区切りを迎えられたと言えそうだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング