「アトレチコに恐怖を与えた存在」 久保の一撃を地元記者が称賛「タケだけという事実」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

【現地発】マジョルカで初先発の久保 ポスト直撃のシュートで強固な守備を誇るアトレチコを脅かす

 マジョルカは現地時間25日、「DAZN」が放送するリーガ・エスパニョーラ第6節でアトレチコ・マドリードと対戦し、0-2で敗れた。日本代表MF久保建英はスペイン上陸後初となる先発出場を果たし、後半開始早々にポスト直撃のシュートでゴールを脅かした。試合後、スペイン人記者は久保のパフォーマンスに「アトレチコに恐怖を与えた存在」と惜しみない賛辞を送っている。

 本拠地ソン・モイシュに強豪アトレチコを迎えた一戦は、前半26分にセットプレーから相手FWジエゴ・コスタにヘディング弾を叩き込まれ、先手を奪われてしまう。前半30分に与えたPKはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定によって取り消されたことで難を逃れたが、レベルの差を見せつけられる展開となっていた。

 それでも0-1で迎えた後半2分、久保がホームスタジアムを沸かせる。MFダニ・ロドリゲスからのスルーパスに抜け出した久保がペナルティーエリア右に侵入すると、そのまま右足を振り抜いた。鋭いシュートは相手DFステファン・サビッチの左足に接触し軌道が変わると、右ポストを直撃。そのボールが相手GKヤン・オブラクに当たると、再び右ポストに当たった。あと一歩のところでクリアされてしまい、惜しくも初ゴールはお預けとなった。

 後半19分、アトレチコFWジョアン・フェリックスに追加点を奪われ黒星となったものの、記者席で隣に座っていたスペイン地元ラジオ局「テパレーリー・ミッド・ウェスト」のマイケル・エルシー記者に試合後、フル出場を果たした久保の出来について尋ねると、「あのアトレチコを相手に、非常に素晴らしいプレーをした」と称賛の言葉を送った。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング