イングランド代表主将のMFスティーブン・ジェラードが代表引退 後任を推薦へ

 ブラジルW杯では1次リーグ敗退の失望を味わったジェラードだが、続投の決まったホジソン代表監督の手腕を期待。そして、スリーライオンズの誇りを取り戻すために、新主将には人格面などで優れた後継者を推薦する予定だ。

 ジェラードは「私は次期イングランド代表キャプテンのアドバイスをするために存在する。ロイは正しい人選をすると信じているし、私が受けていたような敬意を払われると期待している」とコメントし、さらにこう続けた。

「ロイはサポーターに誇りを取り戻す一助になりうると確信している。最高の監督でFA(イングランドサッカー協会)が彼にこだわってくれたことを嬉しく思う」

 ジェラードは以前からFAのアンバサダーを務めており、指導者講習も受け始めているが、現役引退後に指導者の道に進むかどうかは未定だという。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング