プレミアで今季初の監督交代劇 最下位ワトフォード、解任のわずか30分後に後任発表

ワトフォードがハビ・グラシア監督を解任【写真:Getty Images】
ワトフォードがハビ・グラシア監督を解任【写真:Getty Images】

グラシア監督を解任し、2015-16シーズンにチームを率いたフローレス監督が復帰

 英プレミアリーグで今季最初の監督交代が実現した。開幕4試合を終えて未勝利で、最下位に沈んでいたワトフォードがハビ・グラシア前監督を解任し、そのわずか30分後にはキケ・サンチェス・フローレス監督の招聘を発表している。

 ワトフォードは2015年にプレミアリーグに昇格。昨季は11位と健闘し、今季はさらなる躍進も期待されていた。しかし、今季は開幕戦でブライトンに0-3と大敗し、そこから3連敗。前節はニューカッスル相手に1-1で引き分けたが、開幕から4試合未勝利という事態をクラブは重く見たようだ。

 現地時間7日にクラブはグラシア監督の解任。それからほどなくして、2015-16シーズンにチームを率いたキケ・サンチェス・フローレス監督が4季ぶりに復帰することが発表された。英紙「デイリー・メール」によれば、グラシア監督の解任からわずか30分後の新監督発表となった。

 これがプレミアリーグでは今季最初の監督交代劇となった。最下位に沈むワトフォードはこれを契機に浮上することができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング