伊紙が新シーズンのACミランで日本代表MF本田圭佑をベンチ予想

 同紙が分析する新シーズンのスタメンはGKにアビアッティ。4バックは右からイタリア代表イニャツィオ・アバテ、新加入のアレックス、元フランス代表でバレンシアから完全移籍で買い取ったアディル・ラミ、イタリア代表マッティア・デシリオ。中盤の3人は右からアンドレア・ポーリ、オランダ代表ナイジェル・デヨング、リッカルド・サポナーラ。3トップはパリ・サンジェルマンから加入した元フランス代表のジェレミー・ネメズ、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ、同MFステファン・エルシャラウィと予想している。

 インザーギ監督は就任会見で本田に関する質問に、3トップの両ウイングか左の中盤で起用する可能性を示唆していた。だが、本田は昨シーズン、右の攻撃的MFでスピードの欠如を露呈し、期待されたような結果を残せなかった。しかも、ネメズとエルシャラウィは生粋のサイドアタッカー。局面突破の技術とスピードを武器にしており、ウイングでのポジション争いは本田には分が悪い。

 さらにガゼッタ紙は中盤でもイタリアU-21代表で中心選手だったサポナーラを左のボランチの先発に挙げており、本田は予想スタメンから外れた形だ。

 ミランの「背番号10」は22日にチームのニューヨーク遠征で合流予定だが、真価が問われる2シーズン目で合流前からベンチ危機に直面している。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

※ワールドカップ期間中、記事内で扱うシーンの一部はFIFAワールドカップ公式動画配信サイト&アプリ『LEGENDS STADIUM』のマルチアングル動画、選手毎のスタッツデータで確認できます。
詳しくは、「LEGENDS STADIUM 2014 – FIFAワールドカップ公式動画」まで

トレンド

ランキング