メッシ欠場もファン挨拶を韓国称賛 敵視するC・ロナウドに痛烈皮肉「次元が違った」

(左から)バルセロナFWメッシ、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
(左から)バルセロナFWメッシ、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

欠場したメッシとロナウドの振る舞いを韓国メディアが比較

 バルセロナは現地時間4日に行われたジョアン・ガンペール杯アーセナル戦で2-1の勝利を挙げた。この日ピッチに立たなかったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだが、ファンに向けて挨拶したなか、韓国メディアはKリーグ選抜戦で欠場したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの振る舞いと比較して、「ファンサービスの次元が違った」と評している。

 試合は先制点を献上したバルセロナだが、オウンゴールで同点に追いつくと、後半45分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスの華麗なボレー弾で2-1と逆転勝利した。コパ・アメリカ(南米選手権)に出場したメッシやブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョらは温存されたが、欠場したメッシの行動に韓国メディア「OSEN」が注目を寄せている。

 記事では「『ロナウドと違う』 欠場したメッシは直接ホームのファンたちに挨拶」と言及。韓国メディアが引き合いに出したのは、7月26日にアジアツアーの一環でユベントスが韓国Kリーグ選抜と対戦した際、欠場したエースFWロナウドだ。ファンとの行事に参加せず、45分以上出場する契約条項を履行しなかったとされ、さらに連日更新しているSNSで謝罪らしい言葉がなく、韓国ファンの怒りが増幅している。

「メッシの態度はロナウドと比較される」と指摘。もちろん、ロナウドのケースとは異なり、バルセロナの本拠地カンプ・ノウでの試合であった点を考慮すべきだが、韓国メディアは欠場したメッシの振る舞いを称賛。その一方、「Kリーグ選抜戦を欠場し、45分以上出場する契約条項を履行しなかった」とロナウドを糾弾して、次のように続けている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング