G大阪、宇佐美&パトリックの“三冠コンビ”再結成 同僚が語る“復活”のメリットとは?

(左から)ガンバ大阪FWパトリック、FW宇佐美【写真:Noriko NAGANO】
(左から)ガンバ大阪FWパトリック、FW宇佐美【写真:Noriko NAGANO】

第21節・神戸戦で3年ぶりにコンビ復活 宇佐美を起点にパトリックがゴールをマーク

 今夏、ガンバ大阪に加入したFW宇佐美貴史とFWパトリックの「うさパト」コンビが、2日の第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)で復活した。揃って先発出場し、1-0の後半8分には「コンビ」で魅せた。左サイドでボールを奪ったMF福田湧矢から宇佐美へとつなぎ、倉田へ。倉田がパトリックへパスを出すと、DFをかわして冷静にゴールネットを揺らした。宇佐美が起点となり、最後はパトリックが仕留めた。

 両者ともまだコンディション、コンビネーションともに万全とは言えない。そのなかでも、第20節名古屋グランパス戦(2-2)では、3年ぶりにJ1復帰を果たした宇佐美が後半アディショナルタイムに劇的同点弾を挙げ、2人とも結果は残している。

 コンビ復活となった神戸戦では、三冠を達成した2014年を彷彿とさせるような息の合ったプレーも見せた。前半6分、宇佐美の左クロスはドンピシャのタイミングでパトリックの頭上へ。惜しくもGKにキャッチされてしまったが、パトリックは「相手の選手がユニフォームを引っ張っていなかったら、GKより先に触れてゴールできてたのかなと思うし、お互い信頼し合っていて連係に自信を持っている」と振り返った。

 一方の宇佐美は「要所要所は(連係が合っているところが)あるけど、まだまだ合っていくと思う。僕もそうですけど、パト(リック)もそうだし、どんどん状態が上がっていくと思うし、上げていかないといけない。そういう意識を持ってやっていきたい」と、自信を持ちながらも冷静に現況を分析した。

 2人の出会いは2014年夏。降格圏の16位に低迷していたチームはパトリックが加入後、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で2人はそれぞれ9点ずつ計18点をマーク。「うさパト」の誕生は他クラブの脅威となった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング