バルサ会長、エース引退後の“次代プラン”に言及 「メッシ後の時代に備える必要が…」

(左から)バルセロナのバルトメウ会長、FWメッシ【写真:Getty Images】
(左から)バルセロナのバルトメウ会長、FWメッシ【写真:Getty Images】

現役中はバルサでのプレーを希望「今後も私たちと一緒にいてくれることを望んでいる」

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、近年のバルセロナの成功を語るうえで、中心となる存在だ。5度のバロンドールに輝いたスーパースターだが、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、偉業を成し遂げつつある彼をもってしても、永遠に現役選手でいることは不可能だと理解する。スペイン紙「マルカ」で、メッシが去った後のプランについて言及した。

 メッシは32歳となった今も、ピッチ上で輝きを放ち続けている。だが、彼が現役選手としてプレーできる時間が徐々に少なくなってきているのもまた事実だ。マルカ紙も「カンプ・ノウでの残り時間は、確実に最後の数年に入っている」と表現している。

 バルトメウ会長は、「私たちは、メッシ後の時代に備えて動き出す必要がある。そのことについては、すでに新しい選手を獲得して準備を進めている」と、説明した。

 また、下部組織から昇格し、トップチームの大黒柱となったメッシについても言及。「会長として、私はレオ(メッシ)が今後も何年にわたって私たちと一緒にいてくれることを望んでいるよ。でも、変化については考えなければいけない。現役を終える時期だと判断した時をね」と、キャリアの最後までバルセロナでプレーさせる意向を示した。

 サッカーという団体競技スポーツで、驚くべき数々の新たな記録を打ち立ててきたメッシ。そのあまりにも大きな存在が抜けた穴を、埋めることができる新たな存在をバルセロナは発掘できるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング