15戦11発の“浪速のメッシ”がブレイク中 G大阪FWの衝撃ゴール動画をJリーグが公開

J1とJ3で15試合11得点を挙げているガンバ大阪FW食野亮太郎【写真:Getty Images】
J1とJ3で15試合11得点を挙げているガンバ大阪FW食野亮太郎【写真:Getty Images】

G大阪に新エース候補誕生、21歳の食野がゴール量産中

 “浪速のメッシ”の異名を持つガンバ大阪FW食野(めしの)亮太郎がブレイク中だ。現在、J1リーグでは8試合3得点。7試合出場したJ3リーグでは得点ランク首位タイの8ゴールを挙げている。J1とJ3で15試合11得点の21歳に注目が集まっており、全ゴールをJリーグ公式ツイッターが動画で公開した。

 Jリーグは「1分でわかる 浪速のメッシ」と題して動画を公開。特にJ1で決めた3ゴールには食野“らしさ”が凝縮されている。J1初ゴールとなった5月11日サガン鳥栖戦(1-3)。後半から途中出場した食野は3点を追うアディッショナルタイムに強烈な一発を見せた。敵陣中央でパスを受けると得意のドリブルで突破し、相手のチャージにも臆することなく敵陣を切り裂く。ペナルティーエリア手前で周囲を相手5人に囲まれたが、軽やかにかわして最後は右足を振り抜き、ゴール右上に豪快な一撃を突き刺した。

 今季J1初スタメンとなった6月1日鹿島アントラーズ戦(1-1)では、前半13分にこぼれ球をペナルティーエリア外から決め切り、6月22日湘南ベルマーレ戦(1-0)では途中出場で左サイドから持ち込み、DF2人を振り切ってまたもペナルティーエリア外からゴール。“浪速のメッシ”と呼ばれる食野の特徴が出た得点に、ツイッター上では「食野はうまいし、スーパーゴールが多い」「J1で決めたゴール全部スーパー」「力強いドリブル、シュート凄い」と絶賛するコメントが寄せられた。

 だが、ここまで順風満帆だったわけではない。開幕当初はG大阪U-23が所属するJ3で過ごし、そこでしっかり結果を残した。3月10日の開幕戦ヴァンラーレ八戸戦(2-2)で幸先良くゴールを決めると、同31日のY.S.C.C.横浜戦(5-0)で、この日Jリーグデビュー戦となったG大阪ユース所属の弟・壮磨と“アベックゴール”を達成。J3で7戦8発の結果を残してトップチームへ昇格し、勢いそのまま頼れる存在へと成長を遂げた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング