バロテッリ、イタリア代表未招集の理由推測で“嘆き節” 「自分のせいだけではない」

「自分の性格が、呼ばない方がチームとして快適な状態だと考えられるのかもしれない」

「代表にずっと呼ばれていないことは、自分にも問題の一端はあるだろう。例えばリバプールでは良いプレーをしていなかったから、呼ばれないのは自然なことだ。ただ、他にも理由はある。もしかしたら、自分の少し強い性格が、呼ばないでいる方がチームとして快適な状態だと考えられるのかもしれない。また、人種差別問題に対しても対処の必要がないからだ。分からないが、確実に言えるのは代表に呼ばれないのは自分のせいだけではないということだ」

 イタリア代表は2018年のロシア・ワールドカップへの出場を逃し、20年の欧州選手権(EURO)で世界の強豪としての立場を復権するべく、若手も招集しながら歩みを進めている。サッカー的なポテンシャルは間違いのないバロテッリだが、再びマリア・アッズーラ(イタリア代表のユニフォーム)を身に纏うことはあるのだろうか。

>>【PR】「DAZN」で観られるコパ・アメリカ2019 日本代表の試合日程はこちらから

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング