U-20日本代表MF中村敬斗、W杯第2戦へ漲る決意 「決められる自信はある」

U-20日本代表のMF中村敬斗【写真:林遼平】
U-20日本代表のMF中村敬斗【写真:林遼平】

初戦エクアドル戦は1-1ドロー、26日の第2戦メキシコ戦に向けて気持ちを高める中村

 初戦のU-20エクアドル戦(1-1)で勝ち点1を手にしたU-20日本代表は、26日の第2戦でU-20メキシコ代表と対戦する。初戦で途中出場を果たしたMF中村敬斗(ガンバ大阪)は、数少ないチャンスでも「決められる自信はある」と語り、メキシコ戦の出場へ強い意欲を見せた。

 今回のU-20ワールドカップには滑り込む形で日本代表に選出された中村だが、初戦となったエクアドル戦では後半終了間際に途中出場。積極的に前線へボールを運ぶプレーを見せるなど、短い時間でも自身の持ち味をしっかりと発揮した。

 チームとしては貴重な勝ち点1を手にしたが、試合を外から見る時間が長かった中村は「いつもの日本の試合運びという感じではなかった気もするし、やっぱりちょっと前半は受け身になった感じがあった」と前半の戦いを総括。そのうえで「やっぱりスカウティングで相手をリスペクトするのは大事だと思うけど、自分たちのサッカーをするのはそれ以上に大事なことかもしれない」と語り、相手に捉われすぎてはならないと次戦への修正を投げ掛けた。

 自身のコンディションに関しては「移動、移動で、ベストかと言われればハイとは言えない」と口にしつつも、「少しずつコンディションは上がっている」と語る中村は自分の中でプレーイメージを膨らませている。

「まずはしっかりとチームの守備。相手の攻撃が強いのは分かっているので、守備をして、そこからハードワークという土台があるうえで自分の長所を出す、ドリブルとシュートを出していければいい。あとはやっぱり怖がらないでボールを受けるのは大事。南米の選手や海外の選手だとどうしてもコンタクトが強いので、角度が悪い状況だと食われるのはリスクが高い。少しでも良い形、良い状態でボールを貰える。自分で良い角度、良いアングルを作ってもらうということが大事になってくると思います」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング