日本で起こりがちな“監督の言葉”による「判断力の低下」 U-20代表も前半は思考を放棄

U-20W杯初戦、日本はエクアドルに苦戦を強いられていた【写真:Getty Images】
U-20W杯初戦、日本はエクアドルに苦戦を強いられていた【写真:Getty Images】

名古屋とU-20日本代表が陥った“よそゆきのプレー”

「ジョーを見ろと言ったら、ジョーしか見なくなった」

 名古屋グランパスを率いる風間八宏監督は苦笑していた。昨年のJ1リーグ最終節、湘南ベルマーレ戦での話だ。湘南は前線から素早くプレスをかけてくる。前から来るということは後方は薄くなるわけで、そこを狙う選択肢もあると、風間監督は選手たちに伝えていた。

 残留のかかった一戦ということもあったのだろう。名古屋の選手は、最前線のFWジョーへのロングボールを多用した。監督は選択肢の一つとして与えたつもりだったが、選手にとってそれが第一の選択肢になってしまったわけだ。後半に修正したが、前半45分間はジョーへのロングボールに終始して“名古屋のスタイル”を見失った、“よそゆきのプレー”になってしまっていた。

 23日に行われたU-20ワールドカップの初戦、エクアドルとのゲーム(1-1)でもU-20日本代表で同じような現象が起こっていた。

 エクアドルのセンターバックはロングボールへの対応が不安定だった。この分析は事前に行われていて、選手たちにも伝えられていた。実際、ロングボール処理のもたつきを突いて日本は何度かチャンスを作り、後半の同点ゴールにもつながっている。

 ただ、前半に関してはそればかりを狙いすぎていた。影山雅永監督によると、センターバックを狙えという指示は特にしていなかったという。

「エクアドルがいいチームだと私が強調しすぎたのが良くなかったかもしれない。前半はいつもやっていることを放棄してしまった」(影山監督)

 風間監督が「ジョーしか見なくなった」と言ったのと似ていて、選択肢の一つとして与えた情報がすべてになってしまったわけだ。名古屋に所属しているDF菅原由勢は「見るものが少なかった」と表現している。

「リラックスして入れていたし、集中もできていた。ただ、集中していた分、見るものが少なくなってしまっていた」

 エクアドルは前半10分あたりから、日本の様子をうかがうように後方でじっくりとパスを回している。エクアドルも日本の情報は持っていたに違いないが、まずは実物を確認していた。情報はあっても、あくまでも選択肢の一つであり、判断するのは自分たちというところだろうか。

page1 page2 page3

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  2. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  3. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  6. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  7. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. 闘莉王が選ぶ「日本サッカー最強パサー5傑」 「真似できない」と大絶賛、舌を巻いた一流プレーヤーは?

  10. G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」