「ダムが決壊」 リベリーの得点にバイエルン会長が人目もはばからずに号泣した理由

「こんな日に、こんな信じられないゴールを決めるなんて、彼を思うと嬉しくて…」

 ドイツメディア「sport.de」は、ヘーネス会長のコメントを紹介。そこではリベリーのゴールを振り返りながら、クラブへ貢献してきた現役レジェンドへの愛情を吐露していた。

「フランクがあのゴールを挙げた時、感極まってしまった。こんな日に、こんな信じられないゴールを決めるなんて、彼を思うと嬉しくて涙をこらえることができなかった。このところスタメンではないことに、彼がどれほど悲しんでいたかも知っていたから。彼が早い時間帯に投入され、彼らしいパフォーマンスを見せられるようにといつも願ってきた」

 ミュンヘンでの最後の試合で芸術的なゴールを決めたことで、リベリーがどれだけクラブからもファンからも愛されてきたが示されることになった。


今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング