浦和×湘南の“大誤審”に海外も驚愕 「誰もが入ったと思った」「弁解の余地がないミス」

MF杉岡のノーゴール判定を巡る誤審騒動の反響が海外にまで広がっている【写真:Getty Images】
MF杉岡のノーゴール判定を巡る誤審騒動の反響が海外にまで広がっている【写真:Getty Images】

海外でも反響…誤審騒動に言及 「浦和対湘南戦でシュールな状況が生まれた」

 17日のJ1リーグ第12節浦和レッズ対湘南ベルマーレで、ネットを揺らした湘南MF杉岡大暉の一撃がノーゴール判定となる誤審騒動が起きた。一時0-2とリードを許した湘南が、後半に3ゴールを奪う大逆転劇を飾ったが、海外では「弁解の余地がないミス」と糾弾の声も上がっている。

 浦和の2点リードで迎えた前半31分に問題のシーンが起きた。湘南MF杉岡がシュートを放ち、右ゴールポストを叩いて左サイドのネットを揺らした。浦和の選手たちもゴールと判断し、肩を落としてゆっくり歩きだしていたなか、失点した浦和GK西川周作も悔しそうな仕草を見せ、味方にキックオフを促すように前方へボールを投げた。

 ところが山本雄大主審はゴールが入っていないと誤認。そのままプレーが続いていると判断し、西川が投げたボールに対してプレー続行のジェスチャーを見せた。動揺する湘南の選手たちを尻目に、浦和の選手たちはカウンターで湘南ゴールに迫る。この日1ゴールのFWアンドリュー・ナバウトが湘南GK秋元陽太と1対1でチャンスを逃すも、この接触で負傷交代した。

 杉岡の一撃を巡って湘南側が猛抗議し、約6分間中断するも、判定は覆らないまま再開。不運に見舞われた湘南だが、それでも湘南は後半2分と同34分にMF菊地俊介がゴールを決めて追いつくと、アディショナルタイム4分にDF山根視来が値千金の逆転ゴールを奪って劇的な逆転勝利を収めた。

 この誤審騒動に反応したのが、ポルトガルの情報サイト「Remate Digital」だ。「浦和対湘南戦でシュールな状況が生まれた」と記し、その状況を描写している。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング