トーレス、メキシコ移籍に拍車? 噂のクラブが1部昇格、主力DFもラブコール「実現してほしい」

DFビルバオは加入を熱望 「もしトーレスが同僚になったら…」

 記事では、「ウナイ・ビルバオ:私はフェルナンド・トーレスとチームメートになりたい」と見出しを打ち、昇格決定となった一戦で決勝ゴールを決めたビルバオのインタビューを掲載。記者からトーレスの加入の噂について尋ねられると、共闘を熱望するコメントを残している。

「メキシコでは多くの噂が飛び交い、SNSでは噂が瞬く間に拡散し、皆が夢中になる。そして、この話が真実であることを僕は願っている。もしトーレスが同僚になったら……考えるだけで倒れそうになるよ。ぜひ実現してほしい。難しいことは分かっているけどね」

 アトレチコ・デ・サンルイスは、トーレスの古巣アトレチコ・マドリードが株式の51%を保有する“傘下クラブ”であり、それが大きな後押しになる可能性はあるが、高額年俸など金銭面でクリアすべきことも存在する。メキシコで獲得の噂が熱を帯びるなか、今夏のトーレスの動向により一層の注目が集まりそうだ。

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング