「語り継がれる衝撃的スキル」 リバプールMF、バルサ翻弄の圧巻テクニックが反響拡大

リバプールMFワイナルドゥム【写真:Getty Images】
リバプールMFワイナルドゥム【写真:Getty Images】

殊勲の2ゴールを決めたワイナルドゥムが披露した華麗なテクニックに騒然 「圧倒的な火を噴いた」

 リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦のバルセロナ戦で2ゴールを決め、4-0の大勝に大きく貢献し、2戦合計スコア4-3の劇的逆転突破の立役者となった。また、試合中にバルセロナを翻弄する華麗なテクニックが脚光を浴びており、英メディア内でも反響が拡大している。

 敵地カンプ・ノウでの第1戦で0-3の惨敗を喫していたリバプールは、エジプト代表FWモハメド・サラーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノという攻撃の要2人を負傷で欠き、“飛車角落ち”の状況で本拠地にバルセロナを迎え撃った。しかし、試合は下馬評を覆す展開が待っていた。前半7分にベルギー代表FWディボック・オリギが先制点を決めると、後半9分、11分にワイナルドゥムが立て続けにゴールを奪い、合計スコアで並ぶことに成功。そして同34分、CKから再びオリギが劇的な逆転突破を手繰り寄せる一撃を決めた。

 奇跡の大逆転勝利の鍵となったのは紛れもなく後半から投入されたワイナルドゥムだ。途中出場してから11分間で殊勲の2ゴールを決め、両チームの運命を激変させた。また、CL公式は「スキル・オブ・ザ・デイ」にワイナルドゥムが披露したバルセロナの選手2人を翻弄する華麗なテクニックを選出している。

 4-0で迎えた後半37分、自陣からのクリアボールをオリギが胸で落とし、それを受けたワイナルドゥムが相手DFクレマン・ラングレのプレッシングを反転してかわすと、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツとブラジル代表MFアルトゥールの挟み撃ちに遭うも、再び鋭い反転で置き去りにし、前線にスルーパスを供給した。

【PR】CL決勝はDAZN独占放送! トッテナムvsリバプールのプレミア対決をDAZNで!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング