アヤックス、今夏だけで375億円の収入!? 若手有望株の去就にスペイン紙が注目

若手有望株が多いアヤックスだが、今夏の移籍市場は大いに注目を集めている【写真:AP】
若手有望株が多いアヤックスだが、今夏の移籍市場は大いに注目を集めている【写真:AP】

バルサ移籍内定のデ・ヨング、デ・リフトなどに各国強豪クラブが熱視線

 今、世界のサッカーファンを最も驚かせているクラブと言えば、アヤックスだろう。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリードとユベントスを連破し、22シーズンぶりの4強進出を果たした。若手有望株が数多いこともあって今夏の移籍市場は大いに注目を集めるが、スペイン紙「マルカ」は最大で約375億円の収入を生む可能性があるとして、彼らを注目するクラブの動向を紹介している。

 すでにビッグディールが決まっているのはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだ。21歳のゲームメーカーはマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)との獲得競争を制したバルセロナが7500万ユーロ(約93億7500万円)+1100万ユーロ(約13億7500万円)のインセンティブ契約で新シーズンからの加入が決まっている。

 それに次ぐ注目銘柄となったのはオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。19歳にしてアヤックスの最終ラインを司り、ユベントスとの第2戦では決勝点となるヘディングシュートを決めた。エリク・デンハーグ監督は「彼がバイエルンかバルサのどちらに加わるのか……」とすでにビッグクラブから声がかかっていることを明言。なおかつレアル・マドリード、ユベントスも狙う超新星だ。

 ジネディーヌ・ジダン監督体制で立て直しを図りたいレアルはデ・リフトだけでなく、オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークも狙っている。攻守両面で多大な貢献ができる“ボックス・トゥ・ボックス”タイプの中盤として能力を買っているようだ。

 右サイドバックを任されるモロッコ代表DFノウセア・マズラウイも引く手あまただ。契約更新をしているものの、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールのプレミア勢がマズラウイに熱視線を送っているとのこと。また2018年1月に加入したアルゼンチン代表DFニコラス・タリアフィコもすでにベティス、そしてアヤックスやアトレチコ・マドリードも触手を動かしている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング