名将カペッロ、CL決勝をバルセロナ対ユベントスと予想 「すべてを兼ね備えている」

かつて多くの名門クラブを指揮したカペッロ氏【写真:Getty Images】
かつて多くの名門クラブを指揮したカペッロ氏【写真:Getty Images】

“優勝請負人”が今季のCLに言及 当初の優勝候補シティは「疲れているように見える」

 名将として知られるファビオ・カペッロ氏は、かつてミランを率いてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制覇した経歴を持つ。スペインのラジオ局「カタルーニャ・ラジオ」で今季のCLについて予想し、マンチェスター・シティを「疲れているように見える」と分析。バルセロナとユベントスを本命に挙げた。

 シーズンは終盤に差しかかり、CLも盛り上がりを見せている。現地時間16日、17日には準々決勝の第2戦が行われ、準決勝に進出する4チームが決定する。

 レアル・マドリード、ローマ、ユベントスなど指揮したチームを優勝に導いてきた名将のカペッロ氏は1993-94シーズンにはミランを率いてCL優勝を経験している。優勝請負人とも言える名将は、同局の番組「トット・コスタ」で今季のCLの展望を語った。

 カペッロ氏はエルネスト・バルベルデ監督が率いるバルサが好きと前置きしたうえで、CLの決勝進出チームの候補に名前を挙げた。

「私はバルベルデのバルサが好きだ。少ないパスで縦へ縦へと推進する。見ていて退屈しなくなった。バルサは決勝に進出する有力候補の一つで、すべてを兼ね備えている。ただし、必ずしも最高のチームが優勝するとは限らない」

 続けてカペッロ氏は、もう一つの決勝進出チームにユベントスを挙げている。その理由に、今季から加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響が大きいと語っている。

「クリスティアーノの加入で、ユベントスもお気に入りチームの一つになった。メンタル面での改善があり、勝者のメンタリティーを身につけたように感じる」

 最後にカペッロ氏は、シーズン当初に優勝候補と予想していたシティについても言及。9日のトットナム戦(3-1)を見て、「彼らのパフォーマンスは良くなかった。疲れているように見える」と、シティが優勝候補から格下げとなった理由と明かした。

 ヨーロッパでも屈指の名将として活躍してきたカペッロ氏の予想は、「バルセロナ対ユベントスの決勝戦」。果たして、優勝請負人の予想は的中するのだろうか。

【PR】CLを制すのはどのクラブ? 世界最高峰の戦いは準々決勝へ突入!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング