大迫勇也、「もどかしい時間」の先へ ブレーメン復帰戦で“信頼”に応えた1アシスト

大迫への変わらぬ信頼を口にしたコーフェルト監督【写真:Getty Images】
大迫への変わらぬ信頼を口にしたコーフェルト監督【写真:Getty Images】

コーフェルト監督が語る変わらぬ信頼 「スタメン候補の一人だ」

 今後の起用法に関して、指揮官のコーフェルトも「まずは緩やかに60分頃をメドに投入していく。(コンディションが整えば)スタメン候補の一人だ」と、大迫への変わらぬ信頼を口にしていた。信頼にはピッチ上でのプレーでしっかりと返す。プレッシャーで動じたりしない。

「自分が出て負けたりしたら、自分のせいになるんで。プレッシャーとの付き合いはずっとあるのでね。いい方向に、いい方向に、自分にプレッシャーをかけています」(大迫)

 UEFAヨーロッパリーグ出場を目標にする8位ブレーメンにとって、落とすわけにはいかない大事な試合が続く。大迫の復帰は早いに越したことはないが、遅すぎたというわけではない。ここからのラストスパートに、間違いなく大きな意味を持つはずだ。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)


page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング