大迫勇也、「もどかしい時間」の先へ ブレーメン復帰戦で“信頼”に応えた1アシスト

ボルシアMG戦で2カ月ぶりの実戦復帰した大迫【写真:Getty Images】
ボルシアMG戦で2カ月ぶりの実戦復帰した大迫【写真:Getty Images】

ボルシアMG戦で2カ月ぶりの実戦復帰 クラーセンの同点ゴールを導く

 大迫勇也が帰ってきた。

 4月7日、アウェーで行われたブンデスリーガ第28節ボルシアMG戦の後半5分だった。アップをしていたブレーメンFW大迫がベンチに向かって駆け出す。ビブスを脱ぎ捨て、コーチ・監督から指示を聞く。そして同7分、FWヨナサン・エッゲシュタインと交代。ブンデスリーガ出場は昨年12月22日のRBライプツィヒ戦(2-3)以来となる。ピッチに駆け出すと、すぐに味方選手にパスを要求した。

 ホームのボルシアMGが1点をリードしている展開だ。監督のディーター・へキングが、今季限りでチームを去ると発表された後の試合。GKヤン・ゾマーは「監督とみんなで一緒に誓ったんだ。ここからの7試合を全力のプレーで戦い抜くと」と語り、DFマティアス・ギンターは「UEFAチャンピオンズリーグ出場という大きな目標を叶えるために、もう一度力を振り絞る」と気合いを入れていた。現在5位のボルシアMGは、この試合では立ち上がりから競り合いへの出足がとても鋭く、ブレーメンは思うようにチャンスメイクできずに苦しんでいた。

 大迫もいきなり激しいタックルの餌食に遭ってしまった。出場から5分、中盤のセンターライン付近でボールを持って右サイドにパスを展開しようとした瞬間、ボルシアMGのMFデニス・ザカリアが背後からスライディングタックルで強襲した。左足を押さえて倒れこむ大迫。地元紙の「クライスツァイトゥング」が試合レポートで、「あれがイエローカード止まりだったのは、監督の(フロリアン・)コーフェルトにとって驚きだったことだろう」と記すほどのタックルだった。

 タッチラインぎりぎりまで飛び出したコーフェルトは腕を組み、手を口に当てて無事を祈る。ようやく復帰してくれた大迫が、すぐに離脱となったら怒りをどこにぶつけていいか分からなかったことだろう。幸いにも大迫は、すぐにまたプレーを続けることができた。試合後のコーフェルトは「審判の判定に関しては何も言うつもりはない。ただユウヤが、無事にまたプレーを続行することができてうれしかった」とこのシーンを振り返り、安堵のコメントをしていた。


page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング