C・ロナウド、試合前の“神対応”が話題 海外感動「子供の表情はプライスレス」

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

CLアヤックス戦の整列時、エスコートキッズと触れ合い“最高のひと時”をプレゼント

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間11日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、アヤックスとの第1戦(1-1)で先制ゴールを決めた。一方で、試合前に果たしていた“大仕事”が脚光を浴び、海外メディアが大きく報じている。

 ロナウドは3月25日に行われた欧州選手権(EURO)予選第2節のセルビア戦(1-1)で負傷交代。ユベントスでは3月12日のCLベスト16第2戦アトレチコ・マドリード戦(3-0)以来、約1カ月ぶりの出場となった。

 0-0で迎えた前半45分、ハーフウェーライン付近でパスを受けると、右サイドを駆け上がるポルトガル代表DFジョアン・カンセロに展開し、前線へ一気に加速。ペナルティーエリア手前まで運んだカンセロがボールを放り込むと、ゴール前に走り込んだロナウドが強烈なダイビングヘッドで合わせ、先制ゴールを奪った。後半開始1分に同点弾を決められ、試合は1-1で引き分けたものの、CL通算125点目はベスト4進出に向けて貴重なアウェーゴールを奪っている。

 一方で、注目を集めているのが試合前のロナウドの振る舞いだ。試合前の整列で、選手たちの前にはいわゆるエスコートキッズたちが立っていた。すると、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの前の子供がロナウドに視線を向けると、それに気づいたロナウドは静かに微笑み、子供の首元あたりに手をやってコミュニケーション。スーパースターからの思わぬ“神対応”に、子供の顔には思わず笑みがこぼれた。

 ブラジルのテレビ局「Esporte Interativo」公式ツイッターは、「自分のアイドルを憧れのまなざしで見つめる子供。ロナウドは彼と戯れ、小さな友達は微笑んでいる」と、ロナウドの粋な計らいを動画付きで紹介。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」も、「子供たちはロナウドの隣にいることを信じられなかった」と報じている。また、英紙「デイリー・メール」は「子供の表情はプライスレス」「美しいゲームだ」というネット上の声を伝えている。

 子供たちにとっては、ロナウドとの触れ合いはかけがえのないものになったに違いない。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング