元バルサFWエトー、ペップ政権1年目を回想 「勝たせたのは僕」「メッシじゃない」

エトーがバルサ時代の過去を告白【写真:Getty Images】
エトーがバルサ時代の過去を告白【写真:Getty Images】

バルサでグアルディオラ監督と唯一共演した08-09シーズンは公式戦52試合36得点を記録

 カタールSCの元カメルーン代表FWサミュエル・エトーは自身のバルセロナ時代を振り返り、ペップ・グアルディオラ政権下の2008-09シーズンはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシではなく、自分の時代だったと語っている。英メディア「GIVE ME SPORT」が伝えた。

 グアルディオラ監督は2008年から12年までの4年間で、リーグ戦を3回、コパ・デル・レイ(国王杯)を2回、スペイン・スーパーカップを3回、UEFAスーパーカップを2回、FIFAクラブワールドカップ(W杯)を2回優勝。そして、2回のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇も果たした。

 その大成功には、もちろんメッシ、元スペイン代表MFシャビ(現アル・サッド)、同MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)、同DFカルレス・プジョル、スペイン代表DFジェラール・ピケ、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)、エトーが全員同じチームにいた背景があり、グアルディオラ監督自身も、選手のおかげという認識を持っているだろう。それでも、彼らの力を引き出し、数々のタイトル獲得を実現させたグアルディオラ氏が“名将”なのは疑う余地もない。

 このなかでわずか1シーズンしか、グアルディオラ監督の下でプレーしていないのがエトーだ。2008-09シーズンがグアルディオラ政権下のバルセロナで過ごす最初で最後のシーズンとなったが、エトーは09年CL決勝での先制点を含め、公式戦52試合で36ゴールを記録した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング