レバンドフスキとロイス、“独2強エース”の明暗 「5-0」の大差が生んだ風格と失望

両エースのレバンドフスキ(左)とロイス(右)が首位攻防戦で明暗を分けた【写真:Getty Images & AP】
両エースのレバンドフスキ(左)とロイス(右)が首位攻防戦で明暗を分けた【写真:Getty Images & AP】

“ブンデス天王山”はバイエルンがドルトムントを5-0撃破、王者が首位浮上

 “首位”ドルトムント対“2位”バイエルンという最高の図式に加え、同カード通算100試合目となるメモリアルゲームに、スリリングな試合を期待しないわけにはいかない。特にドルトムントにとっては6連覇中のバイエルンを打倒すべく、「今度こそ!」の思いでミュンヘンに乗り込んだはずだった。だが結果は5-0という、バイエルンのワンサイドゲームになってしまった。

 現地時間6日にアリアンツ・アレーナで行われた首位攻防戦、明暗を分けたのが両エースのロベルト・レバンドフスキとマルコ・ロイスだ。

 前節フライブルク戦(1-1)で1ゴールを挙げ、自身のブンデスリーガ通算得点数を「199」に伸ばしていたレバンドフスキは、「ドルトムント戦で記録達成できたら夢だね」と気合を入れていた。そしてその言葉通り、この試合では2得点の活躍。ゴールシーンだけではなく、前線から絶えずプレスをかけ続け守備でも貢献し、ミュラーとのポジションチェンジを繰り返しながら、ドルトムント守備陣を終始混乱させていた。

 充実のプレー内容に、試合後のミックスゾーンでは非常にリラックスした様子で取材陣の質問に答えていた。

「今日はみんなのやるべきことが全部上手くいったね。前半は特に素晴らしかった。試合開始からプレッシャーをかけることができて、ドルトムントはなす術がなかった。優勝にむけて大きな一歩を踏むことができたが、まだ終わっていない。これからも全力で試合に臨み、首位の座を守ってみせる」

 3日にはDFBポカール準々決勝で2部リーグのハイデンハイムに大苦戦。最終的に勝利したもののミスを連発し、5-4での辛勝だった。ドイツメディアは不安定さを指摘していたが、トップレベルのゲームでさすがのメンタリティーを発揮。レバンドフスキも空気の違いを感じていていた。「チーム内のモチベーションは本当に大きかった。僕も昨日から試合に勝つためにできることしか考えていなかった。それをピッチで表現することができた」と胸を張った。


中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング