バルサFWメッシ、圧巻の3戦連続FK弾に世界脱帽 「魔法」「巻き返しに火をつけた」

メッシが3戦連続となる直接FK弾を決めた【写真:Getty Images】
メッシが3戦連続となる直接FK弾を決めた【写真:Getty Images】

4連続失点で2点のビハインドを背負うも、途中出場のメッシが劇的ドローを呼ぶ

 バルセロナは現地時間2日、リーガ・エスパニョーラ第30節でビジャレアルと対戦し、4-4で引き分けた。試合終盤に2点のビハインドを背負う厳しい展開のなか、途中出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが劇的ドローを呼ぶゴールを決めたが、3戦連続となる直接FK弾に称賛が寄せられている。

 リーグ連覇に向けて首位を走るバルセロナは、メッシをはじめ元スペイン代表DFジェラール・ピケ、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチら主力をベンチに温存してビジャレアルとの一戦に臨んだ。試合は前半12分にブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが先制点を奪うと、同16分にブラジル人FWマルコムが追加点を奪取。その7分後に1点を返されるも、リードを保って前半を折り返した。

 しかし、後半5分に同点弾、同17分に逆転ゴール、同35分に追加点を奪われ、4連続失点と守備が崩壊。2点のリードを許す窮地のなか、見せ場を作ったのが後半16分から途中出場したメッシだった。

 試合終了間際の後半45分、バルセロナはペナルティーエリア手前でFKを獲得。前節のエスパニョール戦(2-0)で壁を越えるループ気味の“パネンカFK弾”を決めたメッシに対し、ビジャレアルはゴール右のスペースに用心して壁を形成したが、それをあざ笑うかのように逆を突く鋭い一撃を打ち込んだ。

 英紙「インディペンデント」は「メッシのピンポイントFKが劇的なバルセロナの巻き返しに火をつけた」と見出しを打って報じ、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」は「魔法のFK」と伝えた。

 試合は後半アディショナルタイム、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスがCKから同点ボレー弾を叩き込み、土壇場で勝ち点1を手にした。メッシは3試合連続で直接FK弾を決めており、その正確無比なキック精度が注目を浴びている。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング