札幌ブラジル人FW、衝撃の“落下劇”が反響拡大 「ゴール、ジャンプ、そして空…」

コンサドーレ札幌FWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】
コンサドーレ札幌FWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】

4ゴールを記録したA・ロペスが自身2得点目を挙げた後にゴール裏に向かい…

 北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、9日のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4得点を挙げる大爆発を見せた。その一方で、歓喜のあまりゴールセレブレーションでピッチとゴール裏の間にある“段差”に落下。あわや大怪我のハプニングは欧州でも反響が拡大し、「フェンスの向こうに地面はなかった」「ゴール、ジャンプ、そして空…」と取り上げている。

 札幌は前半19分、スルーパスに抜け出したFW鈴木武蔵が2戦連続ゴールで先制。同36分に清水に同点とされたが、前半アディショナルタイムに鈴木が獲得したPKをA・ロペスが決めて2-1とリードして前半を折り返した。

 迎えた後半4分、右サイドからMFルーカス・フェルナンデスがドリブルを仕掛け、ペナルティーエリア侵入と同時に中央へ浮き球のパスを供給。ゴール前のMFチャナティップは合わせきれなかったが、こぼれ球に反応したA・ロペスが右足ジャンピングボレーで仕留め、リードを2点に広げた。

 歓喜のA・ロペスは、札幌サポーターのいるゴール裏に駆け出すと、フェンスを越えてジャンプ。次の瞬間、ブラジル人助っ人の姿がピッチレベルから消えた。会場の札幌ドームはピッチとゴール裏の間に約1.5メートルの落差があり、ジャンプ分を含めると最低でも2メートル以上を落下している。A・ロペスは衝撃の影響かピッチ外で左肩付近を押さえて倒れ込み、スタッフも心配そうに駆けつける事態となった。

 幸いにも大事には至らず、A・ロペスは後半20分、24分にも追加点を奪って計4ゴールをマーク。今季ホーム開幕戦で5-2の快勝に貢献した。

【PR】J.ZONE PLUSで複数試合を同時視聴!DAZNは初月1ヶ月無料体験!

>>【PR】海外サッカー通のFC東京DF太田宏介 “見てもらえる”喜びと「DAZN活用法」

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング