イニエスタ&ビジャは「最高のレベル」、トーレスは「孤立」 母国記者が直接対決を総括

(左から) MFイニエスタ、FWビジャ、FWトーレス【写真:Getty Images & Noriko NAGANO】
(左から) MFイニエスタ、FWビジャ、FWトーレス【写真:Getty Images & Noriko NAGANO】

新加入ビジャのJリーグ初ゴールで神戸が鳥栖を1-0撃破

 ヴィッセル神戸は2日、J1リーグ第2節でサガン鳥栖と対戦し、新加入FWダビド・ビジャの移籍後初ゴールで1-0と勝利を収めた。スペイン人記者は、この日ピッチに立った母国のレジェンド3人について総括し、神戸のMFアンドレス・イニエスタとビジャを「最高のレベル」と称えた一方、鳥栖FWフェルナンド・トーレスは「孤立していた」と苦戦を強いられていたことを指摘している。

 神戸は敵地で行われた開幕戦で、セレッソ大阪に0-1で敗れていた。また、鳥栖もホームで名古屋グランパスに0-4と完敗を喫し、両チームともに黒星スタートを切っていた。この日も神戸はビジャとイニエスタ、鳥栖はトーレスを先発でピッチに送り出し、スペイン代表の黄金期を支えた3人のレジェンドがピッチ上で顔を揃えることになった。

 試合はイニエスタとビジャがホームの声援を背に、卓越した連係から幾度となくチャンスを演出する一方、トーレスは神戸の守備陣を一人で背負う場面も多く、思うようにプレーできず。そして後半9分に鳥栖守備陣のクリアミスを拾ったビジャが落ち着いてゴール左隅に流し込み、Jリーグ初ゴールを記録。結果的にこれが決勝弾となった。

 神戸は新エースがホーム開幕戦で結果を残し、今後に向けて弾みをつけた一方、鳥栖は今季いまだ無得点で開幕2連敗という厳しい船出となった。衛星放送「beIN SPORTS」でジャーナリストと記者を務めるナチョ・ガルシア氏は、自身の公式ツイッターでスペインが誇る英雄3人の出来について振り返っている。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング