「冨安に食い込んでいけ」 内田が鹿島の21歳CBを鼓舞 「世界でもそういないよ?」

鹿島DF内田篤人【写真:荒川祐史】
鹿島DF内田篤人【写真:荒川祐史】

内田が同点弾をアシスト、町田は“幻のヘディング弾”も

 鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人は1日、J1第2節の川崎フロンターレ戦に先発出場し、同点弾をアシストして1-1の引き分けに貢献した。試合後、この日先発に抜擢された東京五輪世代の21歳DF町田浩樹に「(吉田)麻也の隣でプレーしている冨安に食い込んでいかないといけない」と奮起を促している。

 今季ホームで行われた開幕戦では、昇格組の大分トリニータを相手に1-2とまさかの黒星。さらに、王者・川崎とアウェーでの一戦を前に、最終ラインで主力を務めるDFチョン・スンヒョン、DF山本脩斗が負傷でメンバー外となり、急遽右サイドバック(SB)に今季初出場となる内田が入り、センターバック(CB)に町田が配置された。

 試合は前半9分に川崎MF中村憲剛に直接FK弾を許して早々に失点するも、同21分には内田のロングパスに抜け出したFW伊藤翔が同点弾を奪う。さらに同27分、左サイドの深い位置でFKを獲得すると、正確なクロスから町田が強烈なヘディングシュートを叩き込んだが、MF土居聖真のオフサイドと判定されて“幻のゴール”となった。最終的に痛み分けに終わったものの、連覇中の王者を相手に勝ち点1を持ち帰っている。

 試合後、内田はこの日力強いパフォーマンスを見せた町田について触れ、「190センチで左利きのCBなんて世界でもそういないよ?」と、その類い稀な資質を強調。一方、さらなる成長を遂げたうえで、一つ年齢が下の20歳、シント=トロイデンのDF冨安健洋とポジション争いを演じる存在になるべきと奮起を促していた。

【PR】2019シーズン開幕!今年のJリーグは『ハンパナイ』んです!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング