カタール移籍報道の中島翔哉、ポルティモネンセ監督が退団明言 「すでに売却された」

中島翔哉はカタールのアルドゥハイル移籍が報じられている【写真:Getty Images】
中島翔哉はカタールのアルドゥハイル移籍が報じられている【写真:Getty Images】

フォーリャ監督はシャヴェス戦後に「翔哉の幸運を祈っている」とエール

 日本代表MF中島翔哉はカタールのアル・ドゥハイル移籍が報じられているが、所属するポルティモネンセのアントニオ・フォーリャ監督が「すでに売却された」と中島の退団を明言した。ポルトガル紙「レコルド」などが報じている。

 フォーリャ監督は現地時間29日のリーグ第19節シャヴェス戦(0-1)後、ポルトガルの地元テレビ局「SportTV」に対して「交渉の詳細については知らないし、知りたくもない」などと語ったうえで、「中島翔哉はもうポルティモネンセの選手ではない。すでに売却された」と中島の移籍が決まったことを明かした。

「彼と一緒に仕事ができたことは素晴らしいものだった。最高のクオリティーを見せ続けてくれるよう、翔哉の幸運を祈っている」

 フォーリャ監督はこのように中島へエールを送ったという。

 2017年に8月にポルティモネンセへ移籍した中島は、リーグ戦29試合で10ゴール12アシストを記録するなど1年目から大きく飛躍。名門クラブへの移籍が噂される注目株となった。今季も13試合で5得点6アシストとチームの攻撃を牽引している。

 報道によれば、移籍金3500万ユーロ(約44億円)という日本人選手歴代最高額でアル・ドゥハイル移籍で合意しているという。そして、カタール人のナセル・アル・ケライフィ氏がオーナーという共通点があることから、将来的にはフランス1部パリ・サンジェルマンへステップアップする道があるとも伝えられている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング