「スラム街のプールにいます」 ブラジル”皇帝“の投稿写真が話題「狂気滲む」「故郷への愛」

元ブラジル代表FWアドリアーノ【写真:Getty Images】
元ブラジル代表FWアドリアーノ【写真:Getty Images】

元ブラジル代表FWアドリアーノが公式インスタグラムで公開

 現役時代、“皇帝”の異名を取った元ブラジル代表FWアドリアーノが自身の公式インスタグラムを更新した。現在、生まれ故郷リオデジャネイロのファベーラ(スラム街)に暮らすアドリアーノが、巨大なバケツのプールに入っている写真を公開すると、世界中のファンやメディアが反応した。

 アドリアーノは2002年に加入したパルマで元日本代表MF中田英寿、元ルーマニア代表FWアドリアン・ムトゥと強力トリオを形成し、セリエAでゴールを量産した。その後、インテルへと復帰すると、ワールドクラスのストライカーへと飛躍。ブラジル代表でもエースとして活躍し、世界屈指のFWとしてその名を轟かせた。

 しかし、私生活の過ごし方には問題が多く、酒の問題や暴行問題などがニュースで取り上げられた。当然、キャリアのピークも長くは続かず、06年のドイツ・ワールドカップ(W杯)出場を境に、パフォーマンスが尻すぼみとなっていく。インテル退団後はブラジルのクラブを中心に活躍の場を転々としたが、練習の無断欠席や規律違反などの問題から契約解除が続いた。現在は引退表明こそしていないものの、3年ほど所属チームがない状態が続いている。

 そんななかアドリアーノは、公式インスタグラムにプライベートの様子を更新。「僕はスラム街のプールにいます」との文章を添え、ベランダのような場所で巨大なバケツのプールにつかり、小さなバケツを抱きかかえて満面の笑みを浮かべる自身の写真を公開している。

 この投稿を受け、チリのメディア「Ahora Noticias」は「皇帝アドリアーノが控えめなプールとバーベキューを楽しむ姿を見せ、スラム街に再登場」と見出しを打って報じ、「記憶に残る活躍をしたブラジル人アタッカーは、インスタグラムに狂気が滲む写真を掲載している」と、バケツのプールにバケツを抱えて入るアドリアーノのシュールな一枚に驚きを示していた。

 それでも、「シンプルで幸せな生活に囲まれた皇帝は、生まれ育った故郷への愛を強調している」と綴り、2000年代を彩ったブラジル最高峰のストライカーの楽しげな様子を紹介していた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング