「師匠がミスをカバーできなかったので…」 長友、“弟子”堂安の殊勲のゴールを称賛

長友が決勝ゴールを挙げた堂安を称賛している【写真:Getty Images】
長友が決勝ゴールを挙げた堂安を称賛している【写真:Getty Images】

堂安のパスミスから先制点を献上も、長友は「僕の責任だと思っている」と振り返る

 日本代表で最古参となったDF長友佑都(ガラタサライ)が、自ら「弟子」と称したMF堂安律(フローニンゲン)のリバウンドメンタリティーを評価した。9日に行われたアジアカップのグループステージ、日本にとって初戦となるトルクメニスタン戦は3-2で勝ち点3をものにした。先制点につながるパスミスをしたものの、試合を決めるゴールを奪った堂安について、長友は称賛している。

「彼は弟子なんでね。師匠が彼のミスをカバーできなかったので、点を取ってくれてすごく嬉しかった」

 “師匠”が触れたのは前半26分のシーンだ。敵陣右サイドでボールを持った堂安はMF柴崎岳(ヘタフェ)にパス。しかしこれがズレてボールロストすると、長友らの守備対応も遅れて相手MFアマノフの強烈なミドルシュートを被弾する展開となった。

 それでも百戦錬磨の長友は、「フリーにさせたから前を向かれて下げなければいけなくなった。どんどん仕掛けてもらって良いけど、後ろの選手、特に1失点目は僕がリスクマネジメントで入っていれば良いので、僕の責任だと思っている」と責任をかぶるとともに前半終了後のロッカールームでこのように伝えていたという。

「試合前から1点取られることも上手くいかないこともあるけど、絶対にナーバスになるなと。ハーフタイムにも“45分あるんだぞ”と伝えたうえで、もっと泥臭いサッカーをしようとチームで話し合って、声をかけられたのが後半のサッカーにつながったと思う」

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング