神様ジーコ、イニエスタ&トーレスの重要性を力説 日本の若手にもたらす“影響”とは?

(左から)MFイニエスタ、ジーコ氏、FWトーレス【写真:Getty Images】
(左から)MFイニエスタ、ジーコ氏、FWトーレス【写真:Getty Images】

自らも1990年代に鹿島に入り、日本サッカー発展に貢献「より多くを学べて良くなる」

 元日本代表監督であり、現在鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務めるジーコは、昨夏に加入したヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタとサガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスの元スペイン代表コンビついて、「若手の成長につながる」と主張した。「Omnisport」が報じている。

 バルセロナを退団したイニエスタは神戸、アトレチコ・マドリードを退団したトーレスは鳥栖を新天地に選び、スペインが誇る世界的名手2人がJリーグで競演。日本国内だけでなく、海外からもJリーグの注目度が高まることになった。

 “サッカーの神様”と称されるジーコも、1990年代当時は超大物助っ人としてJリーグに参戦し、日本サッカーの発展に貢献した。そのような背景もあり、イニエスタとトーレスの加入は日本にとって有益であると力説している。

「イニエスタとトーレスがJリーグでプレーすることは、間違いなく若手の選手の成長につながる。より多くの素晴らしい選手たちを見れば、より多くを学べて良くなるからね。欧州サッカーは最高の選手を獲得しているから当然成長している。メッシとC・ロナウドのプレーを毎週日曜にブラジルで見たいね」

 世界の最前線で戦ってきた選手とプレーすることが、日本の若手選手を育てるうえで必要な要素であると指摘。日本サッカーのさらなる発展に向け、イニエスタとトーレスのような存在は今後も重要な存在となってきそうだ。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング