ドイツ代表FW、母国復権へスペインが“モデルケース”と主張 「時間がかかる」

ドイツ代表FWシュールレ【写真:Getty Images】
ドイツ代表FWシュールレ【写真:Getty Images】

ドイツはW杯で初の1次リーグ敗退を喫するなど、2018年は4勝3分6敗と負け越し

 2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で世界一に輝いたドイツ代表にとって、主要大会で惨憺たる結果に終わった2018年はまさに“ホラーイヤー”だった。来年から2020年欧州選手権の予選が始まるとあって、ファンは一刻も早い立ち直りを願っているが、ドイツ代表FWアンドレ・シュールレ(フルハム)は、もう少し苦難の時期が続くと考えているようだ。米スポーツ専門局「ESPN」が伝えている。

 今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)で1勝2敗に終わり、史上初の1次リーグ敗退を喫したドイツ。思いを新たにUEFAネーションズリーグ(NL)に臨んだものの、フランス、オランダと同居したグループで2分2敗と1勝もできぬままリーグBに降格することになった。勝負のW杯イヤーだった2018年はタイトルどころか、13試合を戦って4勝3分6敗と負け越す1年となった。

 W杯メンバーから落選したシュールレは、「チームがこんなふうに敗れ、(W杯の)グループリーグで敗退する姿を見るのは簡単ではなかった。招集されなかったとしても、自分の国は応援しているものだからね」と言及。「みんなには勝ってほしかった。全選手を知っているし、彼らがどれだけハードに準備をし、どれだけ良い試合ができるか分かっているからね」と、外からチームを見守っていたことを明かした。

 ただし、母国を温かい目で見るシュールレからしても、復権への道は容易ではないという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング