メッシのバロンドール“最終候補落ち”報道、バルサ監督が異論 「少し違和感がある」

(左から)バルセロナのバルベルデ監督、FWメッシ【写真:Getty Images】
(左から)バルセロナのバルベルデ監督、FWメッシ【写真:Getty Images】

バルベルデ監督がモドリッチ、C・ロナウド、グリーズマンの最終候補報道に驚き

「フランス・フットボール」誌が主催する今年のバロンドール受賞者は、現地時間3日にパリで行われる表彰式で発表される。先日、一部メディアで最終候補3人の情報がリークされたと報じられたが、そこにバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの名前はなかった。これについて所属するバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督は、納得がいっていない様子だと、米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

 バロンドールは過去10年、メッシとポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)の二大巨頭が5回ずつ受賞し、他の選手につけ入る隙を与えなかった。しかし、今年度は2007年の元ブラジル代表MFカカ氏以来、11年ぶりに二人以外の受賞者が誕生することが有力視されている。

 筆頭候補はロシア・ワールドカップ(W杯)MVPのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)。その他にもW杯優勝国フランスのFWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)やDFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)、FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)らの名前が挙がっている。

 そうしたなか、正式発表はないものの、最終候補にはモドリッチ、ロナウド、グリーズマンの3選手が残ったと海外メディアが報道。昨季リーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の二冠にチームを導き、今季もすでに公式戦15ゴールを挙げているメッシの名前はなかった。

 バルベルデ監督はこの報道について、「誰もが驚いたように、私も驚いた」と述べ、次のように語っている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング