アジア年間MVP候補の“鹿島コンビ”を海外メディア称賛 「議論の余地なく主人公」

AFCが主催するアジア年間最優秀選手の受賞候補者に選出された三竿健斗と鈴木優磨【写真:荒川祐史】
AFCが主催するアジア年間最優秀選手の受賞候補者に選出された三竿健斗と鈴木優磨【写真:荒川祐史】

AFCが主催するアジア年間最優秀選手の候補者3人の中に三竿と鈴木がノミネート

 鹿島アントラーズの日本代表MF三竿健斗、FW鈴木優磨は19日、アジアサッカー連盟(AFC)が主催するアジア年間最優秀選手の受賞候補者に選出された。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版はノミネートされた3選手を特集。鹿島の二人を称賛している。

 鹿島は今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で悲願の初優勝を達成。AFC主催の年間最優秀選手の最終候補に三竿、鈴木、DFアブデルカリム・ハッサン(アル・サッド/カタール)と鹿島から二人がノミネートされることになった。

 記事では、まず三竿について言及。「鹿島の優勝において重要な役割を担った。大会を通してタックル成功率が70.8%を誇っており、ACL決勝の第1戦でキーとなるアシストを記録した」と活躍を伝えている。今年はロシア・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーから落選となったが、「彼のアントラーズでのパフォーマンスは多くの称賛を受けてきており、個人賞を受賞してもサプライズではない」と高く評価した。

 一方、鈴木に関しては「鹿島のACLにおいて不可欠な存在だ。鈴木のパフォーマンスは目を引いた。2ゴール4アシストを記録し、大会最優秀選手に選出。議論の余地なく主人公であり、創造的なスパークだった」と絶賛。2014年のデビューから140試合出場で45ゴール22アシストを記録するなか、今季は30試合出場で11ゴール9アシストと飛躍の年になったことを紹介している。

 三竿か鈴木が選出された場合、日本人選手としてはガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁が受賞した2009年以来となる。過去6年間は日本人選手が最終候補にも選ばれていなかったため、三竿と鈴木の“ダブルノミネート”は日本サッカーにおいても誇らしい功績だ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング