“ガラスの天才”からの脱却 ロイスの充実ぶりにブンデス公式が注目「史上最高か?」

キャプテンとして首位を走るチームを牽引しているロイス【写真:Getty Images】
キャプテンとして首位を走るチームを牽引しているロイス【写真:Getty Images】

近年は怪我に苦しむも、今季リーグ戦全試合に出場して8得点3アシストとチームを牽引

 ドルトムントのドイツ代表FWマルコ・ロイスはここまでリーグ戦8得点3アシストを記録し、キャプテンとして首位を走るチームを牽引している。ブンデスリーガ公式サイトが、「ドルトムントのマルコ・ロイスは史上最高のプレーをしている?」との見出しで特集した。

 ドルトムントの下部組織で育ったロイスだが、ブレイクのきっかけをつかんだのは2009年に加入したボルシアMG時代。2011-12シーズンには現ドルトムント指揮官でもあるルシアン・ファブレ監督の下でキャリアハイの18得点を決めている。その活躍が認められ、12年にドルトムントに移籍した。

 そして、ドルトムントでは1年目にいきなりUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出に貢献。ドイツでも屈指のテクニシャンは一躍、世界的な評価を手にした。ブンデスリーガ公式サイトではこの当時の活躍が「ロイス1.0」、絶好調の現在が「ロイス2.0」と紹介されているように、ドルトムントでエポックメイキングなシーズンを過ごしてきた。

 今季のロイスが史上最高と称される理由はいくつかあるだろうが、まず特筆すべきはその圧巻のプレーパフォーマンスだ。開幕から11試合連続でスタメン出場し、8得点3アシストを記録。実に79分間に1回のペースで得点に関与しているというスタッツも残っている。

 二つ目は取り戻した継続性だ。ここ数年は負傷に悩まされてコンスタントにピッチに立つことができず、2014年ブラジルW杯や16年欧州選手権も棒に振ったことはまだ記憶に新しい。しかし、今季の出場時間はここまでで952分間でチーム最多。ついに“ガラスの天才”からの脱却を果たしている。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング