「少しでも真似してくれたら…」 堂安律が明かすゴールパフォーマンスに込めた思い

堂安が明かすゴールパフォーマンスに込めた思いとは?【写真:田口有史】
堂安が明かすゴールパフォーマンスに込めた思いとは?【写真:田口有史】

漫画『ファンタジスタ』をモチーフにパフォーマンスを作成 「定着していけばいい」

 日本代表MF堂安律は、所属するフローニンゲンで2試合連続ゴールを決めて11月シリーズの代表合宿に合流した。本人もフィーリングの良さを実感しているが、「泥臭いゴールがほしい」とさらなる高みに向けて思いを明かした。

 堂安は2日のエールディビジ第11節エクセルシオール戦(4-2)、開幕戦以来となる今季2点目を技あり反転ボレーでマーク。代表合流前のラストゲームとなった11日の第12節ヘーレンフェーン戦(2-0)では、右サイドからカットインして元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(現バイエルン)を彷彿させる鮮やかなコントロールショットを決めた。いずれも海外メディアが称賛するゴラッソだったが、堂安自身は「泥臭いゴールがほしい」と語る。その真意とは――。

「スーパーゴールだけで二桁獲るのは難しい。5点、6点は簡単なゴールが必要になるし、今はワンタッチで取れるゴールとかを求めています。ヘーレンフェーン戦のラストにあった、走りながらのチャンスシーンみたいのを増やしていけたらいいな、と」

 堂安は直近2試合で得点後にあるゴールパフォーマンスを見せている。両手の指を使ってひし形のような形を顔の前に作るが、サッカー漫画の『ファンタジスタ』をモチーフにしているという。

「1年前から考えていて、できたのが最近。点を取ったらあまり冷静ではいられないので、覚えていればやれたらいいし、あのパフォーマンスが定着していけば。僕が小さい時は、ある選手がやっていたのを見て、(パフォーマンスを)真似したこともある。小さい子たちが少しでも真似してくれたら嬉しい」

 A代表初ゴールを挙げた10月のウルグアイ戦(4-3)では、DF長友佑都(ガラタサライ)にスパイクを磨いてもらう“靴磨きパフォーマンス”が脚光を浴びたが、16日のベネズエラ戦、20日のキルギス戦では自身のゴールパフォーマンスで観る者を魅了したい。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング