森山監督、U-15日本代表フランス遠征に掲げる“理想” 「楽しみな存在」と語った3人は?

フランス遠征中のU-15日本代表【写真:Tomoko Yasuda】
フランス遠征中のU-15日本代表【写真:Tomoko Yasuda】

初戦は2-0で勝利 今回の遠征の目的は来年のU-17W杯に出場できる選手を発掘すること

 フランス遠征中のU-15日本代表は30日、パリ郊外ヴィトリー・シュール・セーヌで「バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2018」初戦オーストリアU-15代表(40分ハーフ)と対戦した。前半終了間際の39分、ゴール前のコンビネーションプレーからFW勝島新之助(京都サンガF.C.U-15)が先制点。後半18分には、今回が代表初招集のガンバ大阪Jrユース所属のMF中村仁郎の右サイドからのFKをDF諏訪間幸成(横浜F・マリノスJrユース)がピンポイントで捉えて2点目を挙げ、2-0の完封勝利を飾った。

 序盤は、連日雨が続いたせいもあり、ところどころ陥没するなど状態の良くない天然芝のピッチや、同い年とは思えないほど体格の良いオーストリア勢の迫力といった慣れない要素に押される形で、自分たちのペースでボールをつなげない時間が続いた。しかし、徐々に相手のスタイルに慣れると、ボールスキルや連携を駆使したパスワークを展開。守備面でもゴール前での体を張ったプレーで相手のシュートチャンスを防ぎ切った。

 森山佳郎監督は、「やはりこちらの芝に慣れていないというか、序盤は相手の圧力もありましたが、徐々にボールを動かせる時間が増えてくると、日本の良さというかパスワークから突破してシュートまで行くシーンが、前半終わり頃にかけて出始めた」と振り返る。

 後半戦お互いの距離感やポジショニング、プレッシャーのかけ方を微調整することで、相手の推進力を封じ、ボールゲームを主導することで相手がボールを追えなくなる相乗効果を狙って勝利に持ち込んだ

 今回のフランス遠征の目的はずばり、9月から10月にかけてマレーシアで行われたU-16アジア選手権に優勝して、来年のU-17ワールドカップ(W杯)ペルー大会に出場を決めた一世代上の代表チームに昇格可能なメンバーを発掘することだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング