アーセナルMFエジル、「移籍時に手助けしてくれた選手」で神戸FWポドルスキを名指し

エジルにとって、ポドルスキの存在は大きな支えとなっていたようだ【写真:Getty Images】
エジルにとって、ポドルスキの存在は大きな支えとなっていたようだ【写真:Getty Images】

ツイッターでファンからの質問に答える「Q&A企画」を実施 アーセナル移籍時の話題に言及

 アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルがツイッターでファンからの質問に答える「Q&A企画」を実施。そのなかでアーセナル移籍時に最も手助けしてくれた選手として、現在J1ヴィッセル神戸に在籍する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの名前を挙げた。

 エジルはロシア・ワールドカップ後にドイツ代表からの引退を公言し、クラブでのキャリアに専念している。先日のレスター・シティ戦(3−1/22日)でゴールを決め、プレミアリーグにおけるドイツ人最多得点記録(30得点)を更新するなど好調を維持している。

 2013年にレアル・マドリードから加入し、アーセナルでのプレーは6季目を迎えている。ツイッターで行った「#AskMesut」というQ&A企画では、移籍当時の話題に言及した

「アーセナルに移籍した時、ロンドンに慣れるために最も助けになってくれたのは誰?」

 この質問にエジルは「@Podolski10(ポドルスキのツイッターアカウント名)」と答え、当時同僚だった神戸FWポドルスキの名前を挙げた。ポドルスキは2012夏から2015年1月までアーセナルに在籍した一方、エジルは2013年夏から現在もプレーを続けている。

 新天地で溶け込む際、ムードメーカーである同胞ポドルスキの存在は大きな支えとなっていたようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング