悪役同士のバトルに新展開 “踏み付け疑惑”のラモス、相手の演技動画公開で無言の摘発

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングへの踏み付け疑惑に対し、身の潔白を訴える動画を自身のツイッターに公開【写真:Getty Images】
スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングへの踏み付け疑惑に対し、身の潔白を訴える動画を自身のツイッターに公開【写真:Getty Images】

イングランド代表FWスターリングへの踏み付け疑惑を真っ向から否定

 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングへの踏み付け疑惑に対し、身の潔白を訴える動画を自身のツイッターに公開。「言えることは何もない」と綴って話題を呼んでいる。

 スペインは現地時間15日、UEFAネーションズリーグ第4節でイングランドに2-3で敗戦。この試合で注目を集めたのがラモスだった。

 前半11分、ラモスは自陣ペナルティーエリア内でイングランド代表MFエリック・ダイアーに背後から強烈なタックルを食らい、背中と後頭部を強打し、足を押さえて悶絶した。その後、スターリングの2発を含む3失点を喫したが、ラモスが“してやられた”のは、失点シーンだけではなかった。

 0-3で迎えた後半9分、こぼれ球を拾おうとしたスターリングがスペインのペナルティーエリア内で転倒。ボールの行方を凝視するラモスがぶつかると、スターリングは左足を押さえて悶絶した。

 英紙「ザ・サン」は「ラモスにレッドカードを提示しろ!」「ヤツがまた踏み付けた」などファンの怒りの声を紹介し、世界中からラモスに非難の目が向けられていた。しかし、ラモスは真っ向から反論。自身の公式ツイッターで「言えることは何もない」と動画を公開した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング