バルサ2戦連続退場者、MFブスケッツがVAR判定に不満「同じ基準で運用してくれないと」

(左から)バルセロナDFラングレー、MFブスケッツ【写真:AP】
(左から)バルセロナDFラングレー、MFブスケッツ【写真:AP】

ジローナ戦でDFラングレーがVAR判定でレッドカード、CL初戦に続く連続退場

 バルセロナは現地時間23日、リーガ・エスパニョーラ第5節ジローナとのカタルーニャダービーに臨み、2-2のドローに終わった。新加入DFクレマン・ラングレーのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による退場が響く形となったが、バルサMFセルヒオ・ブスケッツが「同じ基準で運用してくれないと」と注文をつけている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 試合は前半19分にMFアルトゥーロ・ビダルのパスを受けたFWリオネル・メッシが冷静に決めて、バルサが幸先良く先制。しかし、試合の流れが大きく変わったのは同35分のこと。ラングレーが相手選手に対して肘打ちしたとして、VARが適用されてレッドカードが提示され、バルサは残り時間を10人で戦うことになった。

 ジローナはその間隙を見逃さず、前半45分と後半6分にFWクリスティアン・ストゥアーニがゴールを決める。1点ビハインドとなったバルサは後半18分に波状攻撃から最後は攻撃参加したDFジェラール・ピケが同点ゴールを奪い、勝ち点を確保した。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦PSV戦でのDFサミュエル・ウムティティに続く2試合連続退場となったバルサ。それもVAR判定だったこともあってか、ブスケッツはこのように話している。

「映像に映っていて、確かに当たっているかもしれないけど、それは自然な動きだった。わざとじゃないし」

 ジローナ側からも退場には相当しないだろうとの声があったようだ。それだけにブスケッツは「VARは一定の基準で正しく運用してくれないと」と注文をつけている。今季からリーガで導入されたビデオ判定は、今後も何かと議論の的になりそうだ。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング