「おとぎ話みたい」 ザンクトパウリ宮市、“2年4カ月ぶり弾”に同僚歓迎「優秀な男」

ドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市亮【写真:Getty Images】
ドイツ2部ザンクトパウリのFW宮市亮【写真:Getty Images】

右膝前十字靭帯断裂を克服して1年4カ月ぶりの公式戦出場

 ドイツ2部ザンクトパウリの元日本代表FW宮市亮が、現地時間21日のリーグ第6節インゴルシュタット戦で1年4カ月ぶりに復帰。途中出場から決勝弾を奪ってチームを1-0の勝利に導き、試合後には「おとぎ話みたいです」と振り返った。ドイツ誌「キッカー」が報じている。

 宮市は2015年夏にイングランド1部アーセナルからザンクトパウリに完全移籍したが、直後に左膝前十字靭帯断裂の大怪我を負った。翌年4月に復帰を果たしたものの、17年6月に右膝前十字靭帯を断裂して再び長期離脱。トップチームの公式戦から遠ざかっていた。

 インゴルシュタット戦で今年8月17日のDFBポカール1回戦ヴェーエン・ヴィースバーデン(3部)戦以来となるベンチ入りを果たし、後半25分から途中出場で1年4カ月ぶりのピッチへ。右サイドに入ると、同37分に待望の瞬間が訪れる。

 ドイツ人MFエルジン・ゼヒールのロングボールに抜け出すと、飛び出してきた相手GKの隙を突いてバウンドしたボールを頭で合わせ、無人のゴールに流し込んだ。公式戦でのゴールは2016年5月15日のカイザースラウテルン戦で2得点を挙げて以来、2年4カ月ぶり。これが決勝点となり、ザンクトパウリは1-0で勝利した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング