元イングランド代表DFテリー、“ロシア行き”破談 スパルタク・モスクワ移籍を拒否

ジョン・テリーがスパルタク・モスクワ移籍を拒否したことを明らかにした【写真:Getty Images】
ジョン・テリーがスパルタク・モスクワ移籍を拒否したことを明らかにした【写真:Getty Images】

自身のインスタグラムで明かす 「彼らの幸運を願いたい」

 元イングランド代表主将のDFジョン・テリーが、12日に自身の公式インスタグラムを更新し、ロシアのスパルタク・モスクワ移籍を拒否したことを明らかにした。

 テリーはロシア1部のスパルタク・モスクワからオファーを受け、英メディアでは2年契約を前提にメディカルチェックを受けると報じられていた。昨季はチャンピオンシップ(英2部)のアストン・ビラでプレーし、昇格プレーオフでフルハムに敗れたチームの中心でプレーしたが、契約満了により退団していた。

 ロシア行きを拒否した理由について、テリーは「家族と検討した結果、現時点でこれが正しい身の振り方ではないと判断した」としている。そして「オファーに感謝し、彼らの幸運を願いたい」と、スパルタクへの感謝を綴った。

 現時点で所属クラブのない37歳のテリーは、長年チェルシーの中心選手として活躍し、2011-12シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグのタイトルも手にしている。ロシア行きが破談に終わったベテランDFは、今季のプレー場所を見つけることができるだろうか。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング