韓国代表FW、アジア大会敗戦の握手拒否で炎上 SNS非公開に母国紙「後悔を残した」

行動が問題視されたFWファン・ヒチャン【写真:AP】
行動が問題視されたFWファン・ヒチャン【写真:AP】

ファン・ヒチャンはGKとの1対1を決め切れず戦犯に…「チャンスを逃して申し訳ない」

 インドネシアで開催されているアジア大会で、U-23韓国代表は17日のグループリーグ第2戦マレーシア戦に1-2で敗れた。格下相手に大番狂わせを食らう格好となったが、先発出場したFWファン・ヒチャン(レッドブル・ザルツブルク)は決定機逸と試合後に相手との握手を拒否したマナーの悪さによりサポーターから批判を受け、自身のSNSが炎上。非公開に切り替える事態に発展したという。韓国紙「京郷新聞」電子版が報じている。

 大会連覇を狙う韓国は23歳以下のメンバー編成をベースに、A代表のエースであるトットナムのFWソン・フンミン、J1ガンバ大阪のFWファン・ウィジョ、大邱FCのGKチョ・ヒョヌとオーバーエイジ3枠で最大限に活用。ソン・フンミンがまだ合流していなかった初戦のバーレーン戦で6-0と好スタートを切った。しかし、第2戦のマレーシア戦は前半だけで2失点とリードを許し、後半12分からソン・フンミンを起用するも状況は好転せず。終了間際にファン・ウィジョが1点返すのが精一杯で、1-2で敗れた。

 記事では、決戦の舞台から「バンドンの衝撃」と歴史的な敗北を伝えている。

 この試合で戦犯となったのは、海外組の一人であるファン・ヒチャンだった。前半34分、0-1とリードされた状況で相手GKと1対1のチャンスを決め切れず。試合後には、「とても重要な試合で勝たなければいけなかった。かなり失望している。多くのチャンスを逃してしまったから申し訳ない」とうなだれながら話したという。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング