PSGのエース交代!? 神童ムバッペとネイマール、周囲の“対応格差”に海外メディア注目

(左から)パリ・サンジェルマンFWネイマール、FWムバッペ【写真:AP】
(左から)パリ・サンジェルマンFWネイマール、FWムバッペ【写真:AP】

ネイマールは復帰でもファンから歓声起こらずも、ムバッペは“特別待遇”で迎えられる

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、ロシア・ワールドカップ(W杯)で大会2位タイの4得点を記録して世界一に輝いた。クラブはこの19歳の凱旋を盛大に祝ったが、昨夏にフットボール史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約290億円)で加入したブラジル代表FWネイマールとは、W杯後に大きな格差が生まれたようだ。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が伝えている。

 ロシアW杯に出場したスター二人がパリに戻ったが、ファンとクラブの対応の差は歴然だった。ネイマールは4日に中国で行われたフランス・スーパーカップのモナコ戦(4-0)に出場したが、途中出場でピッチに立った際に大きな歓声は起こらなかった。

 ところが、その数日後にムバッペが凱旋すると、クラブはトレーニング場の入り口にW杯優勝を祝って代表3選手の巨大なポスターを掲示。ムバッペに至っては、駐車スペースを特別仕様にカスタマイズされ、「ブラボー キリアン」と大きく描かれて大歓迎された。

 記事では、人々が口にする名前はネイマールではなく「ムバッペ」と伝え、シーズン開幕でファンを沸かせるのもムバッペ、ファンが見たいのもムバッペ、さらに「10年以上前にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがバルセロナのトップチームに出現して以来のポテンシャルの持ち主」とも伝えた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング