「監督も策士なので…」 MF長谷部、ポーランド戦で日本の先発入れ替え示唆?

長谷部は「監督も策士なので……」と、出場機会のなかった選手がポーランド戦で抜擢もあり得ると示唆している【写真:Getty Images】
長谷部は「監督も策士なので……」と、出場機会のなかった選手がポーランド戦で抜擢もあり得ると示唆している【写真:Getty Images】

2試合連続で同じ11人を先発起用、先を見据えてポーランド戦で主力温存もあるか

 日本代表は現地時間28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループステージ第3戦ポーランド戦に臨む。勝利、または引き分けであれば日本のグループリーグ突破が決まる一戦だが、果たして西野朗監督はどの11人を先発として送り込むのか。キャプテンのMF長谷部誠は「監督も策士なので……」と、出場機会のない選手の抜擢もあり得ると示唆している。

 19日のW杯初戦コロンビア戦で2-1と金星を挙げた日本は、24日の第2戦セネガル戦で2-2と打ち合いを演じて勝ち点1を獲得。2試合を終えて、セネガルと勝ち点4で並ぶも反則ポイント差で日本が首位に立っている。3位が勝ち点3のコロンビア、最下位が2連敗で敗退が決定しているポーランドだ。

 日本はポーランド戦で引き分け以上だと決勝トーナメント進出が決まる。仮に敗れた場合、セネガルがコロンビアに勝利すると日本の突破が決定し、両国が引き分けると日本の敗退となる。逆にコロンビアがセネガルに勝利した場合、日本とセネガルが勝ち点4で並び、得失点差・総得点・当該チーム成績・反則ポイント・抽選の優先順位で決まる。

 日本に追い風が吹くとはいえ、ポーランドに負ければ敗退の可能性も十分にある一戦。決勝トーナメントで難敵(イングランドかベルギーのいずれか)と激突するのを見据えると、ここで数人の主力を温存しておきたいと考えるのは当然だろう。ましてや、第1戦と第2戦で同じ11人を先発と起用しており、疲労の蓄積も否めない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング