ハリルジャパンの意地 レッズ槙野が攻撃参加で第1S優勝に貢献

「みなさん年間優勝のことを言っているけど、個人的には嬉しい」

 浦和の日本代表DF槙野智章は20日の第16節の神戸戦(ノエビアスタジアム)で、得意の攻撃参加からMF梅崎司の得点の起点になるなど、1-1ドローに貢献。攻撃的DFの真骨頂を見せ、ファーストステージ優勝に貢献した。
 「優勝は素直に嬉しい。それに尽きる。みんな年間優勝のことを言っているけど、個人的には嬉しいタイトル」
 試合後には喜びをあらわにした。前半28分に槙野は見せ場を迎えた。自陣でボールを奪うとドリブル突破。左サイドでフリーのMF武藤にパスを出し、梅崎のゴールにつながった。今季からJリーグは11シーズンぶりに2ステージ制に移行した。スタジアムの表彰式で村井チェアマンはサポーターから大ブーイングを受けていたが、槙野は一定の満足感を示していた。ファーストステージ優勝はあくまで折り返し地点にすぎないが、年末のチャンピオンシップ出場権は確保し、年間王者を目指す上で大きな一歩となったからかもしれない。
 「ただ、こうやってファーストステージを取ったけど、あくまでも僕らはチャレンジャーのつもりでやっていく。今日は課題も成果も出たので、トレーニングからまた集中してやっていきたい」
 広島時代からの恩師ミハイロ・ペトロビッチ監督ともに浦和にやって来て4年目。ムードメーカー槙野の武器である攻撃参加ではなく、ディフェンダーとしての成長が今季16戦無敗という強さの一因となった。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督にレギュラーとして期待されている槙野はさらなる高みを目指している。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング