レスターも日本代表DF酒井宏樹に熱視線 英紙が予想する移籍実現の可能性は?

酒井宏樹にプレミアリーグ移籍の可能性が浮上、レスター・シティも候補の一つとなっているようだ【写真:AP】
酒井宏樹にプレミアリーグ移籍の可能性が浮上、レスター・シティも候補の一つとなっているようだ【写真:AP】

右SBとして評価上昇 プレミア勢のほかセビージャやミラン、インテルも獲得に関心

 マルセイユの日本代表DF酒井宏樹にプレミアリーグ移籍の可能性が浮上し、同胞FW岡崎慎司がプレーするレスター・シティも候補の一つとなっているようだ。英地元紙「レスター・マーキュリー」は酒井宏獲得の可能性をどのように見ているのか。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することをご存知ですか?

 酒井宏はすでに英メディアの報道で、ロイ・ホジソン監督率いるクリスタル・パレスや今季昇格組としてプレミアリーグに挑み、15位で残留を果たしたブライトン、そしてレスターからの関心が伝えられている。フランスで評価を高めた28歳にはイングランドだけでなく、スペインのセビージャ、イタリアのACミラン、インテル、ナポリなど欧州各国クラブが熱視線を送っているという。

 そのなかで注目されるのはレスター移籍の噂だ。酒井宏加入が実現すれば、岡崎との日本代表ホットライン形成にも期待が高まる。

 しかし、レスターはすでにポルトからポルトガル代表の右サイドバックDFリカルド・ペレイラの獲得を決めている。同じポジションには2015-16シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したDFダニー・シンプソンも在籍。地元メディアは、現時点で移籍金1200万ポンド(約18億円)と言われる酒井宏の加入は「する見込みがないように思える」と指摘された。

 タイ一族がオーナーを務めるレスターとしては、日本代表DF酒井宏の獲得によるさらなるアジア・マーケットの拡大を狙うが、実現の可能性は低いと見られているようだ。

 引く手あまたの存在と言われる酒井宏。ロシア・ワールドカップ後に迎える来季に、新天地を求めることになるのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング