ポルティモネンセが中島翔哉の慰留に全オファー拒否 「ナカジマを守ることは優先」

中島翔哉に多くの海外クラブが興味を示しているとされる【写真:Getty Images】
中島翔哉に多くの海外クラブが興味を示しているとされる【写真:Getty Images】

ベンフィカやドルトムントなど国内外のクラブが関心を示していると報じられたが…

 ポルトガル1部ポルティモネンセのMF中島翔哉は、海外挑戦1年目となる今季、10得点12アシストの好成績を残した。ロシア・ワールドカップ(W杯)の登録メンバー入りには惜しくも一歩及ばなかったが、日本が誇る身長164センチの“小さな巨人”には多くの海外クラブが興味を示しているとされる。しかし、ポルティモネンセに放出の意思はなく、現地メディアは「ナカジマを守ることは優先」と報じている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 中島は2017年8月、FC東京から期限付き移籍でポルティモネンセに加入。すぐさまレギュラーに定着すると、1年目から29試合に出場して10得点12アシストの成績を残した。今年3月の欧州遠征で日本代表デビューを飾り、5月14日には完全移籍が決定していた。

 シーズン中からポルトガルの強豪ベンフィカや日本代表MF香川真司が所属するドルトムント、シュツットガルト、ヴォルフスブルク、フランクフルトなどが獲得に興味を示していると報じられていたが、ポルティモネンセは中島を放出する意思は毛頭ないようだ。

 ポルトガル紙「A Bola」は、「ナカジマを守ることは優先」と見出しを打って特集。慰留のためにあらゆる手を尽くすだろうと記している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング